アプリエンジニア
H.T.
中学時代にコードを書きはじめてから、エンジニア一筋のキャリア
H.T.の写真

中学時代にコードを書きはじめてから、エンジニア一筋のキャリア

中学校の頃、授業をきっかけにコンピューターに興味持ち、プログラミングの世界に足を踏み入れました。人生で初めて自力で書き上げたのは、BASICという言語を使ってドット絵で花火を表示させるようなものでした。こんな感じで学生の時から、休み時間にコード書いたり、図書館で借りた本を参考にしてコードを書き写してゲームつくったり…。社会人になる時、エンジニアの道を選んだのは、自分の中ではすごく自然なキャリアでした。

社会人になってからも、一貫してエンジニアとして幅広い経験を積んできまし

た。組み込み系、インフラ、Web、モバイルアプリ、Unity等、多種多様な案件に携わっています。KAKUSINとは、転職サイトを通じて出会いました。新規性のある開発を行っていることを魅力に感じ、次のキャリアとして挑戦しようと決めました。

H.T.の写真

一人ひとりの裁量が大きく、社内の風通しも良い職場

前の職場は黙々とコーディングする環境だったのですが、今は業務中に人と会話する量が大幅に増えました。業務中の気軽なコミュニケーションをはじめ、エンジニア主導のナレッジ共有の場も豊富です。
定期的な勉強会ではアプリエンジニア同士でハンズオンをしたりなど、互いの専門性やノウハウを持ち寄り、刺激しあえる関係ができていると感じます。男女や年齢に偏りがなく、バランスの良い組織なのも良い点です。

自分は今、エンジニアリーダーとスクラムマスターの役割を担っています。チームの力を最大化することに重きを置きつつ、自分自身もコードを書き続けて

いるので、プレイングマネージャーのような動き方です。技術に関するアンテナはこれからも広く張り巡らせて、チームとしても個人としてもスキルを磨き続けていきたいと思っています。

また、ナショナルクライアントの仕事に携われる機会が多く、やりがいを感じられています。案件を対応している瞬間のやりがいだけでなく、ローンチ後、自分が関わった案件が社会的に広く認知・評価されるサービスになっていくのを実感することが多く、モチベーションに繋がっています。
いかに価値の高い成果物を作り上げられるか、という会社全体のマインドとも通じますが、各クリエイターに裁量が大きく主体性をもって取り組める環境だと思います。

H.T.の写真

今以上にクリエイターが輝ける会社・チームづくりを

個人的には、ネイティブアプリ・Unity・組み込み系に精通する“広く深い”スキルを持ったエンジニアを目指しています。常々業務を進めるうえで大事にしていることは、「木を見て、森を見ず」にならないこと。プロジェクト全体に目を配ってやるべきことを考えています。だからこそ、より広い視野で、より深い見識をもって議論ができるエンジニアになりたいと考えています。
まだ会社が若いということもあり、コーポレートブランディングのブラッシュアップや会社制度の整備等、エンジニアリング以外にも携わる時間もあります。

変化の速い業界だからこそ、エンジニアはもちろん、全てのクリエイターが、その変化に適用し、価値の高いアウトプットをし続けられる土台を整えていけたら良いなと思います。

エントリーフォームまたはWANTEDLYから応募する